カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングのデメリットとメリットについては、自動車の利用スタイルによって異なります。
カーシェアリングのデメリットとメリットを考える場合、マイカーや同じようなシステムと比較されます。

カーシェアリングに似ている自動車利用システムは、レンタカーや自動車リースになります。

マイカーやカーシェアリング、そしてレンタカーや自動車リースは利用スタイルが異なります。
利便性と経済性を比較する場合は、自動車を利用する環境や利用スタイルを考慮する必要があります。

カーシェアリングのデメリットで考えられることは、自動車の共有に不慣れ・車種が選べない・使いたい時に使えないなどがあります。

(1)日本人は自動車の共有には慣れていません。
日本人は物に対しての所有意識が高いそうです。
車を自分専用として独占できないことは、カーシェアリングのデメリットとになります。

(2)自動車の車種が選べないことも、カーシェアリングのデメリットです。
マイカーや自動車リース、そしてレンタカーは、自分の好きな車種を選べます。

(3)マイカーは自分専用の自動車なので、使いたい時に自由に使えるメリットがあります。
カーシェアリングのデメリットは、使いたい時に使えないことです。

意識面のカーシェアリングのデメリットである、自動車の共有に不慣れ意識は、カーシェアリングが社会に浸透していくことで解消されていきます。
車種が選べない・使いたい時に使えない等の、カーシェアリングのデメリットは、カーシェアリングサービスの会社が増えて、サービス会社の管理車両台数が増えれば解消されます。












 



カーシェアリングのデメリットとレンタカーとマイカー

カーシェアリングのデメリットを、レンタカーやマイカーと比較して紹介します。
いつでも好きな時に使えるマイカーに対して、カーシェアリングのデメリットは、好きな時に自由に使えないことです。
大きなレンタカーサービス会社では、いつでも好きな時に自動車の利用ができます。
カーシェアリングサービスの会社が増えることで、この問題は解消されます。

マイカーは、自分の好きな車種を独占できます。
ワンボックスカーやスポーツカーやトラックなど、自分の好みの車種を選べます。
レンタカーでも、細かい車種はムリですがある程度の車種は選べます。

カーシェアリングのデメリットは、マイカーやレンタカーのように自分の好きな車種を選べないことです。
利便性や車種選択など、カーシェアリングのデメリットがありますが、メンテナンス費用や車庫費用、管理費用など多くのメリットもカーシェアリングにはあります。
環境面や経済性から考えても、カーシェアリングはこれから普及していく公共交通システムです。

カーシェアリングのデメリットのポイント

カーシェアリングのデメリットやメリットは、マイカーやレンタカーやリースなどと比較されます。自動車を独占できない・車種を選べない・使いたい時に使えないなどがあります。利用スタイルに応じて、システムやサービスを選びましょう。

ページのトップへ▲