借り方の紹介

レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方について紹介します。
動画での解説はこちら↓












 



レンタカーとカーシェアリングは、使用する人が異なります。

(1)「レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方」、利用者。
レンタカーは、不特定多数の人が自動車を利用します。
カーシェアリングは、特定の会員が1台の自動車を利用します。
1台の自動車を複数の人が使用するスタイルは同じですが、使用する人が異なります。

(2)「レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方」、貸し渡し方法。
レンタカーは、営業所で手続きして利用します。
カーシェアリングは、無人のステーションを利用します。
レンタカーは、レンタカー営業所の店舗の営業時間内に自動車の貸出・返却をします。
カーシェアリングは、無人のステーションで自動車の貸出・返却を行います。
カーシェアリングには、レンタカーと違い店舗の営業時間の制限を受けないので便利です。

(3)「レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方」、自動車の利用時間と利用コスト。
レンタカーは、半日や1日単位の利用スタイルです。
カーシェアリングは、15分単位~30分単位の、短時間単位の利用スタイルです。
カーシェアリングは、利用頻度が低い人に向けた交通システムです。

レンタカーとカーシェアリングを比較した試算があります。
長時間・長距離の利用スタイルほど、レンタカーサービスの方がお得になります。
チョットした仕事や買い物など、短時間・短距離の利用スタイルほど、カーシェアリングがお得になります。

(4)「レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方」、燃料(ガソリン等)の給油にたいする考え方。
一般的にレンタカーは、自動車を返却する時に燃料(ガソリン等)を満タンにする必要があります。
カーシェアリングの場合、燃料費(ガソリン等)は利用料金に含まれています。
利用中に燃料(ガソリン等)がなくなった場合は、専用カードで給油をおこないます。

(5)「レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方」、車種。
レンタカーで利用できる車種はいろいろあります。
カーシェアリングでは、車種を選ぶことはできません、利用できる車種は限定されています。

レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方では、利用スタイルによってメリットが異なります。

利用スタイルに応じて使い分けることがポイントです。

借り方の紹介のポイント

レンタカーとカーシェアリングの違い:借り方では、利用者・貸出と返却方法・利用時間と走行距離・コスト・燃料の給油・自動車の車種について比較されます。レンタカーは、営業時間内の利用で、カーシェアリングは無人ステーションで貸出・返却します。

ページのトップへ▲