返却方法

レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法について紹介します。

動画での解説はこちら↓












 


カーシェアリングは、ヨーロッパのスイスで生まれた、自動車を使った公共交通システムです。
公共交通機関を、通勤・通学・買い物に利用している人も多いのではないでしょうか。
公共交通機関は、地方に比べて大都市圏で発達しています。
カーシェアリングは、バスや電車と同じ公共交通システムとして生まれました。

「レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法」では、貸出・返却の場所が異なります。
レンタカーは、レンタカー専門会社の営業所で、貸出と返却をおこないます。
カーシェアリングの場合は、無人ステーションで貸出と返却を行います。
営業社員が常駐する営業所を使わないところが、「レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法」での大きな違いです。

貸出と返却方法の違いの原因は、利用者にあります。
レンタカーは、不特定多数の人が1台の自動車を利用します。
カーシェアリングは、特定の会員が1台の車を利用します。

カーシェアリングシステムを利用して自動車を使用する場合は、会員に登録する必要があります。

カーシェアリングでは、会員同士が専用のシステムとステーション(専用駐車場)を利用するので、営業所や貸出・返却担当の人は不要になります。

自動車の利用者が、特定の会員か不特定多数の人かの違いがあるので、「レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法」での場所と利用システムが違ってきます。

「レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法」では、返却時の燃料(ガソリン等)の給油に対するシステムも異なります。

レンタカーでは、一般的に自動車の返却時には燃料(ガソリン等)を満タンにする必要があります。

燃料費(ガソリン代等)を所持していないと、返却できなくなりますね。
カーシェアリングシステムでは、利用料金に燃料費(ガソリン代等)は含まれています。
その為、カーシェアリングでは燃料(ガソリン等)を、自動車に満タンにして返却する必要はありません。

「レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法」では、燃料(ガソリン)の給油に対するシステムが大きくことなります。
カーシェアリングはチョイ乗り利用者を対象にしたシステムです。
燃料(ガソリン等)は、利用している人が状況に応じて給油します。
燃料費(ガソリン代)は自動車備え付けの専用カード等を利用します。
自動車の利用時に、手持ちのお金がなくても利用できますね。

「レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法」では、お互いのシステムを良く理解してから利用することが大切です。

返却方法のポイント

レンタカーとカーシェアリングの違い:返却方法では、貸出方法・返却方法・燃料(ガソリン等)の給油の考え方などが異なります。カーシェアリングは、自動車とステーションと専用システムを、会員だけが利用する新しい公共交通システムです。

ページのトップへ▲