料金・メリット・デメリット

レンタカーとカーシェアリングの違い:料金、メリット・デメリットを考えます。
カーシェアリングが生まれたのは、ヨーロッパのスイスです。
都市部に集中する自動車により、交通環境や生活環境、そして商店街への悪影響を改善する為に、ヨーロッパのスイスでうまれたシステムです。

自動車リースやレンタカーは、カーシェアリングに似ているシステムです。
自動車リース・レンタカー・カーシェアリングは似ていますが、使用目的と使用時間(期間)が異なります。

自動車リースとレンタカーとカーシェアリングの違い:料金は、使用目的と使用時間(期間)による影響が大きいようです。
使用目的・契約期間・利用者(名義)・所有者(名義)・ユーザー・車両在庫・車両保管場所・メンテナンスなど、それぞれのシステムによって特徴があります。

自動車リースとレンタカーとカーシェアリングの違い:料金と使用時間(期間)について紹介します。

リースの料金は、年間常時使用を前提として考えると、レンタカーやカーシェアリングより割安になります。

自動車リースは、使用時間(期間)が長い場合にお得なシステムです。

レンタカーの料金は、6時間~12時間が一般的ですが、週や月単位のレンタルもあります。
6時間以上~数日間の使用時間(期間)自動車を利用した場合、自動車リースやカーシェアリングよりも割安になります。

「レンタカーとカーシェアリングの違い:料金」、利用時間では、自動車を6時間未満だけ利用するのであれば、カーシェアリングが割安になります。
カーシェアリングの料金は、月会費(年会費)と利用料金になります。

月会費(年会費)と時間や距離に応じた利用料金設定が、カーシェアリングの料金スタイルです。
カーシェアリングは、使用時間(期間)が短いチョイ乗りスタイルに適したシステムです。
1回当たりの自動車使用時間(期間)が6時間未満であれば、レンタカーよりも割安になるようです。

動画での解説はこちら↓












 


レンタカーとカーシェアリングの違い:料金、使用目的

レンタカーとカーシェアリングの違い:料金のメリット・デメリットでは、自動車の使用目的を考える必要があります。
レンタカーは、半日・1日などの一時使用や、短期間に集中的に自動車を利用する時に適したシステムです。

カーシェアリングは、自動車を利用した公共交通システムです。
公共交通機関の電車やバスと同じく、定期的に短時間だけ使用する公共交通機関と同じ利用スタイルです。

レンタカーとカーシェアリングの違い:料金を考える場合、使用目的や使用時間(期間)によってお得感は変化します。

レンタカーとカーシェアリングの違い:料金は、使用目的に応じて、メリット・デメリットを良く考えて選びましょう。

料金・メリット・デメリットのポイント

レンタカーとカーシェアリングの違い:料金のメリット・デメリットは、類似システムのリースともあわせて、使用目的・使用時間(期間)などで比較しましょう。カーシェアリングは、自動車を使った公共交通システムです。会費と使用料金が必要になります。

ページのトップへ▲